ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーは交通事故が起きた時の様子を映像で残すための記録装置です。自動車の前方や後方に取り付けた小型カメラが運転中に撮影を続け、事故による衝撃などを感知するとその前後の映像を保存する仕組みになっています。これは飛行機におけるフライトレコーダーのようなものです。

ドライブレコーダーの装着により事故が起きた際の状況を解明することができます。特に事故の際は動揺したり都合の良い嘘を言ったり証言の食い違いが起きる場合がありますが、真実を客観的に証明することに役立ちます。ドライブレコーダーの装着により運転者側にも事故を起こさないように注意する心理的な効果があり、交通事故が減少されたという報告もあります。

近年自動車の無謀運転や高齢者等による交通事故のニュースが相次ぎ、社会全体でドライブレコーダーへの関心が高まっています。ドライブレコーダーの取り付けは経験豊富なクライムにお任せ下さい!

ドライブレコーダー製品説明動画

お気軽にお問い合わせください。046-200-9502

お問い合わせ 「ホームページを見た」とお伝えください。